uservice

hiro2007年の12月にスピリチュアル大学に入学しました。
今、私は毎日をとても新鮮に感じています。^^遡ること7年前の私は、結婚して幸せになるはずだったのにその結婚生活が苦しく悩み多い日々で悩みを打ち明けられる場を心から求めていました。

そしてそこにある問題を越えて心から幸せになりたい!と望んでいました。
それがスピ大入学の理由です。

結婚したのは遅く42歳の時でした。
それまでの人生は意を決して28歳の時に、生まれ故郷の九州・長崎から上京して以来、仕事も恋愛も何をやってもうまく行かないと感じていました。

33歳の時には大きな病気もし、心は晴れるどころか「あきらめ」という無力感が鬱積していくかのようでした。

「結婚」すれば幸せになれると思っていた私にはなぜ『悩み苦しみ』がつきまとうのかが謎でした。「結婚」に幸せを期待していた分、「悩み苦しみ」は余計に苦しく、のしかかるように感じていました。

スピ大に入学して、まず最初の課題は「心のクリーニング」でした。

スピ大にはさまざまな課題や実践ワークがありますが、入学~これまで一貫して共通していることは自分自身の内側、つまり、自分自身の感情や思考を観察することにあります。

そして、その課題を「日常」という場で実践することがもっとも重要なことなのです。

「心のクリーニング」をしていくことで浮き上がってきたネガティブな感情のほとんどは元を辿ると、私と両親、私が生まれた「家族」の中で感じていたものと同じだと気づいていく私がいました。そしてそこに、無意識にくり返してしまう感情のパターンを発見します。

仕事、恋愛、結婚、離婚、友だちとの関係、職場での人間関係・・・・
さまざまな出会いと体験を経て私は今、再び両親の元へ帰ってきています。

『家族とつながりたい』

私自身と家族の笑顔を心から望む私が53歳の私に生まれ故郷へ帰るチャンスを与えました。

私は学びの中で目の前に起こること、すべてが私の内側が反映されている「ホログラム」であることを知ります。そして、ずっと眠っていたインナーチャイルドとの再会も果たします。

今では、大切な心の友としてインナーチャイルドとの対話は続き、手をとりあって道を進んでいるイメージです。

進んでも進んでも暗闇の中だと感じていたあの頃を、少しなつかしくさえ感じる今があります。

玉ねぎのうす皮を一枚一枚むくようにあきらめず心のクリーニングを続け、私が心から望むことを意識し続けているうちに、いつの頃からか私は今、ここに幸せを感じられるようになりました。

スピ大での課題の導きと仲間たちとの奇跡的な出会いと心からの交流に心から感謝しています。

今、私はとても幸せです。
私は今日も一日をwakuwakuと始めています☆

ある日の一日

 5:00起床  いつも枕元にiPhoneを置いているので目覚めた時間を確認するときにスピ大にログイン。その時いる人とチャットで交流。
 6:00午前  スピ大実践ワークその日に「これ」と思う瞑想を2、3個。実践ワークに記録する。望む現実を創造する実践に今日の書き込み。
 7:00午前  家事
 10:00午前  実践記録の確認や、過去の取組みを振り返りながら学習。
 13:00午後  スピ大のみんなの取組みを読んだり。頂いたコメントに返事を書く。
 15:00午後  自己調整ルームオリジナルチャクラ調整。仮眠
 16:00午後  家事
 21:00午後  スピ大にアクセスしてみんなの取組みを読んだり、気づいたことを記録していく。
 24:00頃  オリジナルチャクラ調整ヘッドホンしたまま寝る。

 

私のお気に入りのカリキュラム ベスト5

1 望む現実を創造する実践記録
自分自身の「今」を確認しながら書き続けているから。

2 実践ワーク記録
スピ大の瞑想や ワークは 素晴らしい!!から大好き。
やるとスッキリするし、自分自身と自然と向き合える。

3 自己調整ルーム
私だけのアファメーション オリジナルチャクラ調整は珠玉!!

4 チャネリングメッセージ・アチューメント
いつも新鮮なものを ダイレクトに受け取らせていただけて感謝です?

5 ホームルーム
学長のお話やスピ大生との交流ができるのは素晴らしいです。

どれも順番をつけるのはむずかしいほど お気に入りだし、まだまだ他にもあります。どれをとってもベストな感じです。